1. ホーム
  2. 主人公キャラ
  3. エアリス

エアリス

星の声を聞き、星と対話する能力を持つ「古代種」の最後の1人。その不思議な力が災いし、幼い頃から神羅の手先から目を付けられて狙われています。クラウドとはちょっとしたきっかけで出会うことになり、その後は自身に秘められた謎を解くために、そして最後は星の命のために我が身をも投げ出すことになります。

明るい性格ながら非力な女性なので、物理攻撃にはまったく向きませんが、魔力や精神が高く、魔法に強いのが特徴。リミット技は全体回復や全体補助の効果を持つ技を多く習得し、パーティ全体の援護を得意とします。惜しくもDisc1の最後でお別れとなるため、高レベルのリミット技の真価を発揮できないのが非常に残念。

キャラクター概要

仲間になるタイミング

主な特徴

  • 専用武器はロッド
  • 魔力、精神が高い
  • 力、体力が低い
  • 回復・補助のリミット技が多い
  • Disc2以降はパーティに戻らない

リミット技一覧

LV リミット技名 タイプ 対象 属性 効果
1 癒しの風 - 味方全体 - HP回復(最大HPの50%)
邪気封印 - 敵全体 - 沈黙+ストップ状態にする
2 大地の息吹 - 味方全体 - エスナの効果+ストップ、スロウ、レジスト、「デスフォース」を解除
怒りの烙印 - 味方全体 - 自分以外のリミットゲージMAX
3 星の守護 - 味方全体 - 一定時間無敵になる
生命の鼓動 - 味方全体 - HP・MP全回復+戦闘不能を回復
4 大いなる福音 - 味方全体 - HP・MP全回復+一定時間無敵

使いどころ

魔法攻撃メイン

エアリスは完全に魔法使いタイプなので、常に後列に下げておき、物理攻撃は行わずに魔法メインで戦いましょう。序盤から入手できる「まほう」「ほのお」「いかずち」などのマテリアを着ければ、多くの属性で弱点を突けます。最大HPが低くなるデメリットも後列でフォローできます。

常に「怒り」状態にしてリミットゲージをためる

物理攻撃をあまりしないエアリスにとっては、命中率が下がってもデメリットは少ないので、常に「怒り」状態でも問題ありません。「怒り」状態ならリミットゲージがすぐに上がるため、強力な回復・補助ができるリミット技を使いやすくなります。

「怒りの烙印」で他のキャラのリミット技が上達!

無敵と並んでエアリスしか使えない超貴重な効果を持つのが、LV2上位のリミット技「怒りの烙印」です。この技を使えば自分以外のキャラのリミットゲージが最大になり、即座にリミット技を使えるようになります。上述のように常にエアリスを「怒り」状態にしてこのリミット技を何度も使えば、必然的に他の2人のリミット技も何度も使えるようになり、高レベルのリミット技を早期に習得したい場合に役立ちます。

「大いなる福音」を習得するには?

通常のプレイではエアリスが離脱するまで(古代種の神殿クリアまで)に習得するリミット技はLV2までということがほとんどです。常にエアリスを参戦させていたとしてもLV3「星の守護」くらいが限度でしょう。それ以上はとにかく敵と戦って6種類のリミット技をすべてを習得する必要があります。

敵をたくさん倒すならミスリルマインがおすすめです。ここには弱い敵が4~5体出現することもあり、全体化した魔法で手早く一掃することができます。リミット技の使用回数を増やすには、興奮剤でエアリスを「怒り」状態にし、「かばう」マテリアを着けて敵の攻撃を受けやすくすること。さらに魔法マテリアや召喚マテリアを多めに着けて最大HPを下げておけば、相対的なダメージが大きくなってリミットゲージが上がりやすくなります。

「大いなる福音」を習得しても、エアリス離脱後に特典などはありません。PC版にはアチーブメント画面に「エアリスが究極リミット技を習得」という項目が記録されますが、これもゲームブースターの「ステータスMAX機能」で簡単に達成できます。プレステ版で「大いなる福音」を自分の目で確かめてみたい場合のみ、上述の方法でリミット技を習得しましょう。

※「大いなる福音」の入手方法についてはこちらを参照。