1. ホーム
  2. 特殊コマンド
  3. リミット技
  4. スロット

スロット

基本データ

使用者 ケット・シー
技レベル 2
習得条件 倒した敵の数が50(インターナショナル/PC版では40)以上

効果(全8種)

図柄 発動名 対象 効果
ハズレ トイボックス 敵単体 無属性の物理ダメージ(小)
モーグリ×3 合体 味方全体 巨大ケット・シーに変身
星×3 モーグリダンス 味方全体 HP・MP全回復
王冠×3 トイソルジャー 敵全体 無属性の物理ダメージ(攻撃力80)
ハート×3 ラッキーガール 味方全体 攻撃が必ずクリティカルになる
BAR×3 (ランダム召喚) - 召喚獣をランダムに呼ぶ
顔顔BAR ジョーカーデス 味方全体 即死(耐性無視)
顔×3 オールオーバー 敵全体 即死(耐性無視)

コメント

ケット・シーの第2のリミット技。…といってもケット・シーのリミット技は2種類しかないので、これが最後のリミット技になります。スロットで揃った図柄によって上表の通り8種類の効果を発動します。

トイボックス
ハズレ技なので敵単体に標準的なダメージを与えるのみ。
合体
他のメンバーがケット・シーと合体し、巨大ケット・シーになります。HP・MPはメンバーの合計値、他のステータスはケット・シーのものだけになります。ケット・シー1人の時には発動しません。ステータスが上昇するとはいえ、バトルメンバーが1人になってしまうのは不利にならざるを得ないので、あまり役立つ効果とは言えません。
モーグリダンス
ラストエリクサーと同じ効果。発動すれば申し分ない回復技ですが、目押しが不得意ならばボス戦での回復をこれに頼るのは危険です。
トイソルジャー
敵全体に「たたかう」の5倍のダメージを与える技。使用可能な時期を考えると威力は非常に高いと言えます。
ラッキーガール
その後の物理攻撃が、ケット・シー以外のメンバーも含めてすべてクリティカルになります。この効果を得た上で、バレットの「アンガーマックス」やシドの「ハイウインド」を使えば、18回の攻撃すべてがクリティカルになり、甚大なダメージを与えることが可能です。
ランダム召喚
召喚魔法(未入手のものを含む)の中からランダムで1つが発動します。シナリオ前半では強力な召喚魔法が発動すればラッキーですが、一通り召喚獣を入手した終盤はこの技に頼る必要はありません。
ジョーカーデス
ケット・シーの顔のうち左2/3は揃ったが、右1/3にBARが入り込んでしまった場合の効果。味方全員に耐性も無敵状態も無視する即死効果が発動し、確実に全滅しまいます。ファイナルアタックも発動しないため、フェニックスによる復活も不可能。発動したらゲームオーバーになるしかありません。
オールオーバー
ケット・シーの顔をすべて揃えた場合の効果。敵全体に耐性も無視する即死効果が発動し、ラスボスも含めたあらゆる敵を瞬殺します。ルビーウェポンエメラルドウェポンもこれを使えば楽勝ですが、ゲームをプレイする上での充足感は保証できません。